苦しい時の「小沢ガールズ」民主重鎮を応援(読売新聞)

 夏の参院選で3選を目指す民主党の輿石東参院議員会長を支援するため、小沢同党幹事長と親しい「小沢ガールズ」と呼ばれる同党女性議員の応援が22日、始まった。

 この日は、輿石氏が選挙区の山梨県昭和町で開いた総決起集会には「ガールズ」の1人、青木愛副幹事長が出席。青木氏は「輿石先生は民主党にとってなくてはならない先生。信念と優しい心をお持ちだ」と持ち上げた。来月には同党の田中美絵子、福田衣里子両衆院議員が相次いで山梨入りする。

 「ガールズ」がこぞって“出陣”するのは、参院の「重鎮」でありながら、輿石氏の選挙が「非常に厳しい情勢にある」(党山梨県連)ためだ。

 北海道教職員組合による違法献金事件の影響で、輿石氏の出身母体の山梨県教組は表だった活動が難しくなっている。対する自民党は山梨選挙区(改選定数1)に30代の新人、宮川典子氏を擁立するほか、参院比例選には甲府市出身で読売巨人軍前監督の堀内恒夫氏が出馬し、輿石氏にとっては脅威となっている。

普天間移設 徳之島受け入れ7条件「すべてのむ」官房長官(毎日新聞)
とりあえず静観 服部緑地にヌートリア親子 大阪・豊中(産経新聞)
<社民党>普天間移設の政府対処方針に反対 閣議署名も拒否(毎日新聞)
社民は連立維持を=「辺野古移設は実現できない」―国民新代表(時事通信)
実家医院から点滴剤調達か=「待ってて」と3時間―不同意堕胎事件で医師・警視庁(時事通信)
[PR]
by tuev5xyuhx | 2010-05-28 23:19