土壌汚染情報公開へ=トラブルを防止−国交省(時事通信)

 国土交通省は10日、国や自治体が集めた土壌汚染に関する多様な情報をデータベース化し、同省のホームページ(HP)で公開する方針を明らかにした。汚染物質の除去には費用と手間がかかるため、個人や不動産業者などが土地を購入する際にリスクを事前に把握できるようにし、トラブルを防止したり土地取引を円滑化したりするのが狙い。自治体と連携し、年内にも公開したい考えだ。 

【関連ニュース】
築地移転予算が成立=現在地再整備検討の付帯決議も
築地移転予算成立へ=都議会民主が修正案見送り
築地市場移転に黄信号=新用地取得費、削除の公算
汚染土壌の無害化は可能=豊洲市場予定地の実験で報告
26日の事業仕分けの結果

邦人カメラマン死亡で捜査=殺人容疑視野、タイ取材中被弾−警視庁(時事通信)
阿久根市長派が不信任案…反市長派、挑発に乗らず?(読売新聞)
<鉄工所事故>機械にはさまれ21歳作業員死亡 大阪(毎日新聞)
鳩山首相、学校耐震化「予備費も念頭に…」(産経新聞)
「踏切観察」静かなブーム 「昭和」の香りのシンボル(産経新聞)
[PR]
by tuev5xyuhx | 2010-04-13 19:50