<キャンパスアンケート>9割の学生が就職活動に不安(毎日新聞)

 長引く不況のなか、就職活動について不安を感じている学生が88%にも上ることがNPO法人「ドットジェイピー」(本部・東京都港区)が全国の大学生らに行ったキャンパスアンケートで分かった。

 調査は18〜24日、全国の大学生ら686人にネットなどで行った。就職先を選ぶ際に優先することは、「安定している」が336人で最も多く、「やりたい仕事ができる」276人、「給与・待遇がいい」259人と続いた(複数回答)。リーマンショック後の08年11月の調査では「やりたい仕事ができる」が「安定している」を上回っており、1年余で、学生の安定志向が高まったことが浮き彫りになった。

 また、学生生活の中で、就職活動がどのくらい重要かについては「最も重要だ」との回答が44%で、「学業の次」の38%を上回っていた。【柴沼均】

【関連ニュース】
【アンケートの詳報】9割の学生が就職活動に不安

大学院の助産教育などでヒアリング―文科省検討会(医療介護CBニュース)
<死体遺棄容疑>自宅プランターに乳児遺体 母親「埋めた」(毎日新聞)
「密約」文書一部破棄、参考人が究明求める(読売新聞)
橋下知事、大阪市議補選で「議席取らないと」(産経新聞)
警官装い「事件の証拠品として預かる」 忘れ物の免許証詐取した男逮捕(産経新聞)
[PR]
by tuev5xyuhx | 2010-04-05 17:41