食品安全庁を設置へ=農業基本計画に明記−政府(時事通信)

 農林水産省は24日、今後5年間の農政の運営指針となる「食料・農業・農村基本計画」に、「食の安全」問題を専管する食品安全庁の設置を目指すことを明記する方針を固めた。一般国民の関心の高まりを受けた措置で、厚生労働省など関係省庁との調整で合意した。具体的な所管業務や設置時期などは今後、政府内で調整を進める。 

【関連ニュース】
こんにゃくゼリー対策で初会合=死亡事故多発受け
三笠フーズ元顧問に有罪=事故米不正転売
首相、5月訪中を検討=上海万博開会式出席で
高齢者が7割、過去最高=点検商法・押し売りの被害
外交演説要旨

対北朝鮮制裁、自動延長へ 政府方針(産経新聞)
霧島山・新燃岳が小噴火=30日朝、1年7カ月ぶり−気象庁(時事通信)
投資家の夢乗せた“お宝沈没船”ファンド座礁 業務停止命令で事業の行方は?(産経新聞)
新型インフル対策総括会議の構成員を発表―厚労省(医療介護CBニュース)
米国立墓地で献花=岡田外相(時事通信)
[PR]
by tuev5xyuhx | 2010-03-31 23:06