吉川英治文学賞に重松清氏(時事通信)

 第44回吉川英治文学賞(吉川英治国民文化振興会主催)は5日、重松清氏の「十字架」(講談社)に決まった。賞金300万円。第31回同文学新人賞には池井戸潤氏の「鉄の骨」(講談社)と、冲方丁氏の「天地明察」(角川書店)が選ばれた。賞金各100万円。
 第44回同文化賞は次の通り(敬称略)。川田昇=知的障害者更生施設の設立▽久連子古代踊り保存会=絶滅の危機にひんした久連子鶏の飼育などの伝統文化財伝承▽菅原幸助=中国残留孤児の帰国支援活動▽明珍宗恭=甲冑(かっちゅう)の制作と修復に尽力。賞金各100万円。
 授賞式は4月9日、東京・内幸町の帝国ホテルで。 

【関連ニュース】
国側が控訴断念=知的障害者の年金不支給訴訟
残留孤児の身元特定できず=2年ぶりゼロ
中国残留孤児が対面調査=DNA鑑定に持ち越し
「勉強見る」と浴室でわいせつ行為=NPO副理事長逮捕

北教組事件 書記長ら資金捻出か 解散先送りで一時は資金難にも…(産経新聞)
進次郎氏が鳩山政権痛烈批判「マニフェスト違反の金メダル」(スポーツ報知)
<弁護士>報酬を過大徴収…業務停止4カ月の懲戒処分 愛知(毎日新聞)
<大阪・付属池田小>安全な教育環境づくり WHO認証取得(毎日新聞)
<訃報>仙田理芳さん71歳=能楽師、金春流シテ方(毎日新聞)
[PR]
by tuev5xyuhx | 2010-03-11 18:40